ブログパーツ 忍者ブログ
ちょっと変わった都市伝説をまとめた、都市伝説大百科
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人面瘡は人の顔の形をしたでき物で、酷い痛みを生じさせて、瘡が出来た人は日に日に弱って行く。


PR
①自分はすこしどもりがちで、以前、同じ悩みを持った人達のサークル(言友会と言う全国的な組織)に参加したんですが、その時に配られた小冊子に「社会的にどもりの人達がどんな迫害をうけたか」と言った内容の記事があったんです。


その小冊子に、関東大震災の時に日本語がきちんと喋れないと勝手に判断されて、吃音を持つ人達もかなり虐殺されたそうです。


外国人受難の件は有名ですが、こういう事もあったのか・・・気が重くなりました。


これは、空調管理の仕事をしている兄から聞いた話です。


少々古い話で恐縮ですが、今から30年程前、日本初の高層ビル『霞ヶ関ビル』が落成した時のこと。


舞台となるのは、東○女子大学。女子大としては名門の大学です。
ここの大学では卒業すると「あかね会」という団体に参加することが出来るそうです。
会費をいくらか払えば卒業生ならば皆参加可能とのこと。


『お母さん、大学に入って友達が沢山できたよ』

引っ込み思案な娘からの電話で涙が出そうになった。

『お友達ができて良かったねえ。4年間の学生を生活を有意義に過ごしてね。』

それからしばらくして、娘は休学と復学を繰り返すようになり、1留が決まる。そして4年生になったある日、突然大学を辞めてしまった。

退学を心配する母に対する、娘からの言葉は辛辣なものであった。『これからは〇〇様の使命に沿って生きるの。邪魔するなら親子の縁を切ります。さようなら。』


HOMENext ≫
オカルト系RSS

都市伝説 ブログランキングへ
問い合わせおよび情報投稿
メールフォーム

情報投稿・相互RSS募集中

Copyright © [ 実は都市伝説 ] All rights reserved.

Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]