ブログパーツ 忍者ブログ
ちょっと変わった都市伝説をまとめた、都市伝説大百科
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ある官公庁舎では高階からの飛び降り自殺を防止するために、窓の設置場所に工夫がなされている。





一見すると普通の窓だが、地面の方を覗き込むと木や排気ダクトで遮られて地面が見えなかったり、自分が居る建物の壁が視界に多く入るように設計されている。


窓から地面を見えなくすると、飛び降りても何かに引っ掛かって死ねないのでは?と人の脳は認識するので、官僚の飛び降り防止に一役買っているというのだ。


鉄格子をはめ込むのは見た目が悪いと言うのでこのような工夫がなされているという。


官僚の仕事の中でエネルギー政策などに関連する部署は特に激務で、精神的に病む方も少なくない。そして、自殺者は自分を苦しめた者へのあてつけなのか、職場で自殺するケースが割とあるとか。


窓には工夫をするが、勤務時間を減らすといった取り組みは実質無いに等しいので、死ぬなら他所でやってくれということだろう。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
オカルト系RSS

都市伝説 ブログランキングへ
問い合わせおよび情報投稿
メールフォーム

情報投稿・相互RSS募集中

Copyright © [ 実は都市伝説 ] All rights reserved.

Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]