ブログパーツ 忍者ブログ
ちょっと変わった都市伝説をまとめた、都市伝説大百科
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コンビニ経営において重要なのは立地だと言われ、駅に近いことや幹線道路に面していることなどが挙げられる。


そして、真しやかに囁かれているコンビニ経営に関する噂に、あまりに接客態度を重視するコンビニとホームレスが寄り付かないコンビニは潰れるという話がある。




一昔前のライバルは地元に根付いていた個人経営の商店や酒屋などであったが、今や破竹の勢いで勢力を伸ばし、コンビニの乱立状態とも言えるようになった。



これにより、駅近という好条件でも苦戦を強いられるコンビニ店舗は少なく無く、潰れては近くに違う店舗が開店するということが繰り返されている。



良い立地条件にあっても潰れる時代なので、経営者は衛生面や接客態度を重視して店員の教育に励み、少しでも売り上げを伸ばす努力に徹する訳だが、努力が裏目に出ているケースもあるようだ。 あまりに接客態度を重視するコンビニは潰れるというのである。


接客態度は重視するの大変良いことではあるが、積極的に世間話をするように心掛けたり、お客さんの顔を覚えて掛ける言葉を変えるフレンドリーな店員態度は裏目に出るようで、煩わしさの無い買い物を求めてコンビニに来ている若い世代にとっては精神的な重荷となる。


そういう店員が居ると、購入している物を 一々チェックされているような気持ちになり、わざわざ遠い店舗に足を運ぶ人も多いという。



毎日発生する廃棄弁当やおにぎり


また、賞味期限が過ぎたために捨てられるお弁当やオニギリをお求めてやって来るホームレス対策として、煙草の灰を混ぜたり足で踏み固めてからごみ置き場に捨てる店舗もあるのだが、こういった店舗も潰れやすいという話だ。



座敷童が離れた旅館の様に、ホームレスが近寄らなくなってからというもの、客足がぱたりと遠のいて経営に行き詰るというのは、宗教観が多分に混じった見解であるが、食を求めて浮浪する者に施せない経営者は財を成すことなど出来ないという因果めいた話なのかも知れない。



昔話では浮浪者や乞食僧をもてなすことで、彼等が外界から運んできた幸を受けるという話が古くからあり、逆に慈悲無き心でぞんざいに扱う者は罰を受けるという落ちも付けられる。 ホームレスとコンビニの話も日本の宗教観から生じたものかも知れない。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
オカルト系RSS

都市伝説 ブログランキングへ
問い合わせおよび情報投稿
メールフォーム

情報投稿・相互RSS募集中

Copyright © [ 実は都市伝説 ] All rights reserved.

Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]