ブログパーツ 忍者ブログ
ちょっと変わった都市伝説をまとめた、都市伝説大百科
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  中国首都市民の多くが実在しない番号からの深夜の電話に冷や汗をかかされている。「新京報」紙が報じた。現時点で200件の苦情が警察に届いている。

© Flickr.com/apdk



   謎の電話は主に深夜、一日に数度かかってくる。とある首都市民は一晩に5度、起こされて受話器を取ったという。受話口からは子供と女性の泣き声が聞こえ、ついで子供の声で「たすけてください」と。そして通話が切れる間際に、身をつんざくような悲鳴が上がる。

   別の被害者は「私には単に不明瞭な音が聞こえただけだ」と述べている。ところが記者らが発信元の番号を調べてみると、・・・・・・番号の特徴から China Unicom社に登録されているものと踏んで調査したところ、同社には当該番号が見当たらず、他社についても確認したが、やはりどこにも登録されていない 番号であった。



   コールバックしても甲斐がなかった。「おかけになった番号は現在使われておりません」。



ソース:The voice of russia
記事

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
オカルト系RSS

都市伝説 ブログランキングへ
問い合わせおよび情報投稿
メールフォーム

情報投稿・相互RSS募集中

Copyright © [ 実は都市伝説 ] All rights reserved.

Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]