ブログパーツ 忍者ブログ
ちょっと変わった都市伝説をまとめた、都市伝説大百科
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昭和62年7月10日のサンケイ新聞の記事:新聞記事の原文より


小学校で卒業記念にと、子供たちが低学年用プールの底にミッキーマウスの絵を描いた。


低学年の子らは大喜び。そこへ、ウォルト・ディズニー・プロダクションの社員が現れて「無許可でキャラクターを使われては困る。絵を消して欲しい」とクレーム。


著作権法をタテにした強硬姿勢に学校側は泣く泣く消した。


当時の新聞の写真



水泳シーズンを前に日の目を見なかった傑作。「子供に夢を売るはずのディズニーがそこまでしなくても…」』と子供たちはがっかりしている。



プールの絵が問題になったのは滋賀県大津市立晴嵐小学校。今春卒業した男子児童百六人が二カ月がかりで、校舎南側にある低学年用プール(タテ十メートル、ヨコ四メートル、深さ五十~七十センチ)の底に、ディズニーのマスコット、ミッキーマウスとミニーマウスの絵をかきあげた。



それぞれ直径三メートル近い大作で、完成したかわいい絵に在校生たちは大喜びだった。



ところが、二カ月後の五月中旬、新聞のニュースで知った、ディズニーのキャラクター商品を扱う日本ウォルト・ディズニー・プロダクション(千葉県浦安市)の社長が突然現れ「ミッキーマウスの絵を消してほしい」と要求。


「消さなければ著作権法違反で訴える」と迫った。



ディズニーの著作権への強硬姿勢は徹底していることで有名。年間二千件の無断使用を洗い出し、警察が交通安全運動や防犯運動に使った場合でも、使用を中止させるほど・・・。



林校長は「子供たちが一生懸命にかいた絵。営利目的ではないのだから」と絵を残してもらいように頼んだが聞き入れられず、とうとう六月中旬、泣く泣く塗りつぶして消した。



卒業生や在校生、PTAは突然、絵を消されてショックを受けている。「著作権の大切さはよくわかるが、そこまで言ってくるとは大人げなさすぎる」との声も出ている。


しかし、ディズニー側は「ミッキーマウスとミニーマウスはわが社の代表的キャラクターだ。無断使用はいっさい認められない。事前に許可を得てからやるべきだった。子供には気の毒だが、他人の権利を知る教訓になったと思う」と話している。


文化庁著作権課の尾崎史郎・専門職員の話
「著作権は、登録してある物は無断で使ってはいけない、というのが大前提で、たとえ学校であっても同じ。



日本人は欧米にくらべて著作権意識が薄いことが、こうした問題につながったと思うが、実際には営利目的でない限り、事前に許可を得れば使わせてくれるケースも多い」




問題のプールのビフォアーアフター:塗りつぶされた跡が見える



記事に登場する尾崎史郎氏 ー1986年4月 ~ 1991年4月 文化庁文化部著作権課に在籍



[解説]

ディズニーが著作権・版権にうるさいことは有名ですが、これには深い理由があると言います。


ウォルトディズニー社も順風満帆で今までやってきた訳ではなく、経営的に厳しい時代を幾度も経験してきました。


その厳しい時代には、キャラクターの版権や著作権を手放す選択にも迫られたと言われます。


しかし、ディズニー側の決断は版権・著作権は絶対に手放さないという方針でした。



キャラクターこそがは利益の源であって、そのキャラクターイメージを維持するために権利は絶対に手放さない、この決断が現在の繁栄に繋がりました。


キャラクターを保護して、イメージを徹底して守る。


これが功を奏して、大きな丸に二つの小さい丸が付いたシルエットを見れば、誰もがミッキーマウスをイメージできるように今日なったということです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
違う、オズワルドの版権を取られて代わりにミッキーを作ったから
NONAME 2014/08/25(Mon)02:40:29 編集
オカルト系RSS

都市伝説 ブログランキングへ
問い合わせおよび情報投稿
メールフォーム

情報投稿・相互RSS募集中

Copyright © [ 実は都市伝説 ] All rights reserved.

Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]