ブログパーツ 忍者ブログ
ちょっと変わった都市伝説をまとめた、都市伝説大百科
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


在外中国人向けの報道メディアである『大紀元』のweb版に掲載されて話題を集めた、チベット上空で撮影されたドラゴン(龍)の写真。

アマチュアカメラマンが撮影したとされ、ヒマラヤ山脈の上空を通過する飛行機内で撮られたものだ。



写真の左下にドラゴンらしき物体が写っている

この写真が撮られた2004年6月22日、撮影者はチンハイ-チベット間のレール敷設式典に参加するために、チベットのアムド地区に行き、その後、内陸部へと戻るためにラサから飛行機に乗った。



飛行機がヒマラヤ山脈の上空を通過中に偶然に2匹のドラゴンを発見し、撮影者はこれを「チベット・ドラゴン」と名付けた。



写真のドラゴンは、胴体が鱗に覆われて、背中部分には突起、そして徐々に細くなる尾を持ち、地を這う生物の身体的特徴が見られる。


写真は撮影者が目撃した光景の一部を撮らえたに過ぎないが、雲の中を
2匹の巨大なドラゴンが飛行する光景が容易に想像できる。



ドラゴン部分の拡大



[解説]
飛行機から撮影されたというドラゴンの写真は凍った河川であることが判明しています。

ドラゴンとして撮影された河川はパキスタンのバルプ氷河と推測されます。








大きな地図で見る


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
オカルト系RSS

都市伝説 ブログランキングへ
問い合わせおよび情報投稿
メールフォーム

情報投稿・相互RSS募集中

Copyright © [ 実は都市伝説 ] All rights reserved.

Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]