ブログパーツ 忍者ブログ
ちょっと変わった都市伝説をまとめた、都市伝説大百科
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ある研究グループが、うつ病患者と健康な人の2つのグループに対して心理学的実験を行った。

被験者の前にあるのはボタンとディスプレイ。ボタンは被験者の気分で自由に押して良いという許可が与えられている。





被験者には「なるべく多くディスプレイを点灯させて下さい」とだけ伝えて、一人で一定時間部屋に籠ってもらう。


被験者の頭の中では
「ボタンとディスプレイは連動していて、何らかの条件を満たせば光る」と踏んで試行錯誤を始める。


5秒間隔でボタンを押してみたり、連打したり、素数の回数だけ押してみたり、、、、一定のリズムを刻んだりと色々やってみる。


被験者は色々な押し方を試してみるのだけど、ディスプレイの明かりは不規則なような、それでいて法則があるような光り方をする。


それもそのはず、ボタンの押し方とディスプレイの点灯には何の関係も無く、裏では研究者が被験者の動きを見てそれらしくディスプレイのON・OFFを操作していたのである。


実験終了後、被験者に
「ボタンの押し方とディスプレイの光り方には、何か法則が見出せましたか?」と質問をすると、2つのグループ間ではっきりと回答が分かれた。


健康な被験者の多くは「法則がある」と回答し、うつ病の被験者の多くは「ない」という回答した。


ボタンの押し方とディスプレイの点灯の間に関係が無いことを見破ったのは、うつ病患者のグループであった。


世の中には自分でコントロール出来る事象と、運命や偶然に支配されるコントロールが出来ない事象がある。


自分の意志が及ばない物事、心理実験ではディスプレイの点灯にあたるが、それに対して健康な被験者グループは“コントロールが及んだ”と考えて“法則がある”と答えた。


一方、うつ病の被験者は事実を歪曲することなく現実をありのままに直視して“法則はない”つまり“自分の意志は及ばない”と回答したことを示唆している。


この実験からすると、人間の心は都合のよい歪曲無くして、現実を直視できるほど頑丈には作られていないようだ。


もしくは多くの人にとって現実を直視することは、心の傷なしにはできないということであろうか。


関連記事:部屋での小便 -精神疾患との関連性-
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
オカルト系RSS

都市伝説 ブログランキングへ
問い合わせおよび情報投稿
メールフォーム

情報投稿・相互RSS募集中

Copyright © [ 実は都市伝説 ] All rights reserved.

Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]