忍者ブログ
ちょっと変わった都市伝説をまとめた、都市伝説大百科
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スイス人の老夫婦がペットのプードルを連れて、中国の某所へと旅行に出かけた。


現地に着いた老夫婦は昼食をとるために繁華街に店を構える中華料理屋に入った。






料理を注文する際に、ウェイターに向かって「この娘(プードル)の食事も用意してくれないか?」とお願いをした。



老夫婦は英語で話しかけたが、どうもウェイタ―は理解に苦労している。


身振り手振りを交えながらお願い事を伝えると、
ウェイターは内容を理解したのか、プードルを厨房へと運んで行った。



厨房でエサを与えるものと思い、老夫婦はワンちゃんの帰りと頼んだ料理を待っていた。


しばらくして老夫婦のテーブルに
銀製の大皿が運ばれてきて、ウェイターが蓋を開けると犬の丸焼きが姿を現した。



犬の丸焼きはどう見てもペットのプードルで、ソースで味付けされて周りには野菜が散らしてある。そして犬の口にはオレンジが咥えさせてあった。



精神的ショックを受けた老夫婦はその日の内に中国を発った。そして、スイスに戻ると新聞社に、中国でペットが受けた受難のことを話したという。



----------------------------------------



この都市伝説はスイス人がペットを料理されてしまう被害者として登場し、伝説の舞台は一昔前は香港の場合が多かった。


香港で犬食・猫食が法律で禁止されてからは、都市伝説の舞台は中国へと変化した。


そしてスイス人が被害者になっているのは、犬食文化圏との因縁が深いためと思われる。




中国などの犬食文化圏では食用のためにセントバーナード犬が輸入されており、スイスがその輸出元となっている。



セントバーナード犬は成長が早く、大きな体躯を持つため、食肉用途として人気があり、精力強壮のために食されてきた。


豚や鶏よりも収益性が高く、
肉は美味であるため、中国内では数千頭が食肉用に飼育されているといわれる。そして、中国産の犬に種付けさせた後は、解体されて食肉として市場に流通するそうだ。



スイスでのセントバーナード犬は国を象徴する犬と位置づけられているため、他国で食肉にされていることについてスイス国民は強い憤りを感じている



屠殺方法が残虐という点も非難の対象となっていて、多量のアドレナリンの分泌が肉をうまくするという考えの元で、生きたまま皮を剥ぐなどして苦痛を与えてから解体されるケースもあるからだ。



この現状に対してスイスの動物愛護団体は食肉用途としてセントバーナード犬の輸出を禁止するようスイスの国会に働きかけたり、中国大使館に
は食用としないよう嘆を送る活動を行っている。


このエントリーをはてなブックマークに追加
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
我々日本人からは考えられない感覚ですが、世界は広いですもんね…ところ変われば品変わる、というとこでしょうが…うちの溺愛してる猫で考えると…いたたまれません。
アタマ金谷Sahara 2012/04/16(Mon)06:03:33 編集
» 無題
アルプスの山で遭難者救助したりしてるのに。
中国って血も涙もない。
NONAME 2013/03/24(Sun)21:24:50 編集
» 無題
どこか忘れましたが『神の使いである牛を食べるなんて何事』といっしょなんだろうなぁと思うので食文化に文句はいえませんが…愛犬家としては辛い話ですね…

せめて『痛くないトサツがいちばん肉を美味くする』が普及すればと思います。
NONAME 2013/11/24(Sun)00:36:55 編集
» 無題
カリブだって最近まで猫を食べていたんだよ。
猫って豚とうさぎの間くらいの硬さでおいしいと言っていた…
ちなみにカリブで人食いの話は禁句です。
だからパイレーツオブカリビアンの撮影は拒否した国が多くて、大変だったんだって。
元カリビアン 2013/12/12(Thu)01:23:59 編集
» 無題
私たち広東省に4年半主人の仕事で住んで居ました。日本から犬を迎えるのが困難だったので犬を飼おうと思いました。動物市場を勧められていじめられていた一匹のセントバーナード、あまりにもショックすぎてその場で買いました。店のオーナーはそこにいた動物たちはレストラン行きだと言っていました。その日からそのショックから立ち直れずこの子だけは絶対に助けると誓い、今は日本に帰って来て幸せです。
NONAME 2014/08/26(Tue)21:13:44 編集
オカルト系RSS

都市伝説 ブログランキングへ
問い合わせおよび情報投稿
メールフォーム

情報投稿・相互RSS募集中

Copyright © [ 実は都市伝説 ] All rights reserved.

Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]携帯 地デジ

ブログパーツ