ブログパーツ 忍者ブログ
ちょっと変わった都市伝説をまとめた、都市伝説大百科
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サンシャイン60はスガモプリズンと呼ばれていた巣鴨拘置所跡地に建てられています。




巣鴨拘置所では、第二次世界大戦中には思想犯や反戦運動に関わった活動家達が収容され、ゾルゲ事件の主犯格であるリヒャルト・ゾルゲと尾崎秀実が処刑されました。

戦後、GHQに接収されて多くの戦犯が収容され、東条英機などA級戦犯が7名、BC級戦犯が53名の死刑が執行されています。

1960年代には拘置所一帯を公園とする計画が持ち上がり、敷地はトタン塀で囲まれました。そして、拘置所に纏わる幽霊話が出てきたのはこの頃からです。

人のうめき声が聞こえたり、人魂が目撃されたりと、怖い噂が絶えず、公園化に携わった業者も怖い体験をしたそうです。

1978年にサンシャイン60が竣工してからも怖い噂は絶えず、ビルの付近で人魂を目撃したという話が新聞で取り上げられました。

現在も自殺者の霊と思われる影が現れて、階段を駆け上って屋上から身投げしているという話があったり、昼間でも訪れるだけで寒気や嫌な感じがする方も居るそうです。


そしてサンシャイン60が60階建てである理由は、処刑された戦犯の人数と一致させたからとする噂があります。

つまりサンシャイン60の“60”という数字はスガモプリズンで処刑された戦犯を表しており、建物は戦犯の霊を鎮めるための墓標の役割をしていると云います。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
オカルト系RSS

都市伝説 ブログランキングへ
問い合わせおよび情報投稿
メールフォーム

情報投稿・相互RSS募集中

Copyright © [ 実は都市伝説 ] All rights reserved.

Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]