ブログパーツ 忍者ブログ
ちょっと変わった都市伝説をまとめた、都市伝説大百科
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新進気鋭のアーティストが若き日に体験したという話。

その方は過激なことをやってのける型破りな性格で、芸大生時代からトラブルを起こすことが多々あった。





彼が学生だった頃、アート展への出品作を造るためにアイデアを練っていた。


考えた末に、日本人の食への警鐘を鳴らすため牛の頭や内臓を展示することにした。


普段食べているお肉は動物の死体であって、生き物を殺して口にしていることを今一度考えて欲しかった。そう言う意図で加工前の状態の牛を作品として展示した。


作品は生肉を常温で放置している状態だったので、数日たつと酷い悪臭を放った。作品は衛生上の理由から展示会の途中で強制的に撤去されてしまった。


彼は展示場でもトラブルを起こしてしまったが、この作品をつくる過程でもある事件を起こしている。



彼は牛の死体そのものを作品にしたかったので、何の考えも無しにとりあえずアポなしで最寄りの屠殺場に行った。


そして「作品を作るための材料を集めに来ました。」とだけ職員に告げて、勝手に廃棄する予定の内臓などを袋に詰めた。



そうこうしていると事務所から職員がやってきて 「なにやってんだ!!」 と怒鳴られて事務所に連れて行かれてしまった。


廃棄物であっても勝手に拾ってはいけないと、こっぴどく怒られた。

「どうせ廃棄するんでしょ?」と食い下がったが、「ああいうのはダメだ」と言って職員は聞く耳を持たない。



仕方なく彼は表面上反省した態度を取って、職員に謝罪をして拾い集めた臓物は没収となった。 “どうせ廃棄するモノなのだから持って帰っても良いだろう”内心そう考えいた彼は、帰るふりをしてまたこっそりと牛の耳や目玉などをビニール袋に沢山詰めた。



彼が拾った臓器や肉片は洗浄されていないものであったので、血や粘液がべっとりと付着している。作品にはこういう生々しいモノが欲しかったのだ。


十分肉片を拾い集め、密かに持ち帰ろうと施設を出て数分した後、「ブルーン」というエンジン音が背後から聞こえて来た。



そして彼の前に現れたのは20人ばかりの原チャリに乗った男の集団。屠殺場の方から来た原チャリの集団にあっという間に取り囲まれてしまった。



彼等はどうやら屠殺場の職員らしく、尋常ではない様子で怒っている。 「早く出せ!!」そして彼の手から牛の耳などが入ったビニール袋を取り上げた。


「血のついたモノを外に持ち出すとはどういうことだ!!」何が彼等を怒らせたのかを理解できなかったが、あまりの剣幕に身の危険を感じて素直に指示に従った。


彼等は怒り心頭していて、言う事を聞かないと本当に殺されかねない雰囲気であった。


後に分かったことであるが、日本の穢れの思想から血のついたままの肉を世(屠殺場外)に出すことは不浄なことであり、恥であると考えているというのだ。


彼のやったことは彼等からすると恥部を世間に晒す行為であった。 血の付いた耳や肉片を屠殺場から入手するのはあきらめて、きれいに洗われて血が落ちた牛の首や臓物を業者伝に手に入れたのだった。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
オカルト系RSS

都市伝説 ブログランキングへ
問い合わせおよび情報投稿
メールフォーム

情報投稿・相互RSS募集中

Copyright © [ 実は都市伝説 ] All rights reserved.

Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]