ブログパーツ 忍者ブログ
ちょっと変わった都市伝説をまとめた、都市伝説大百科
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その日の天候は気象データ通りに安定した夜だった。

幻想的な月光の雲海を遥か下に眺めながら、淡い計器灯の光の中コーヒーをすすりタワーと交信する…いつも通りだ。


だが、普段無線に雑音など入らないのになぜか雑音が入る。調子が悪いなぁ…ブツブツブツと悪態をつきながら、ふと右翼の方を見たら、何かが飛んでいる。


ソロモン諸島上空を飛行する零戦二二型(A6M3)


「機長!あれ!軽飛行機がっ!!」



「こんな高高度に軽飛行機なんか飛ばないだろ?!疲れているんじゃないか?」
と言いながらキャップも右翼側を覗き込んだ。


!!!!!!!


洋上である…あり得ない。



二人でよく観察すると、月光に照らし出された機体は…濃い緑に塗られ日の丸が書き込まれている…



「そんな…あれ…ゼロ戦じゃないですか…」



見間違えではない。確かにそこに飛んでいたのだ…雑誌でしか見たことない60年前の飛行機が眼下に居たのだ。



しかも、900キロの巡航速度と同程度の速度で飛んでいた…


プロペラ機では有り得ない速度…と言うことは。。。。。

この話を報告はしていない。頭がおかしいと思われるだけだから。


ちなみに、これと同じ理由で‐変なもの‐を見ても誰も報告はしない。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
オカルト系RSS

都市伝説 ブログランキングへ
問い合わせおよび情報投稿
メールフォーム

情報投稿・相互RSS募集中

Copyright © [ 実は都市伝説 ] All rights reserved.

Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]