ブログパーツ 忍者ブログ
ちょっと変わった都市伝説をまとめた、都市伝説大百科
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


北海道には女性ばかりが暮らす女だけの村が存在したと云います。




昔は女が多く暮らす女村であったというのが道南の黒松内町です。

北海道が蝦夷地と呼ばれていた頃、黒松内ではなくクル・マツ・ナイというアイヌ語の地名であったそうです。その意味は和人の女が居る沢ということです。

江戸時代、ニシン漁などで北海道に出稼ぎに来ていた男達について来た和人の女達が多く住んでいたということです。


なぜクル・マツ・ナイに和人の女が多く住んでいたかというと、松前藩が統治している頃は、神威岬より以北の奥地へは女人が立ち入ることを禁止されたため、今の黒松内町に住んだといわれます。


北海道奥地への女人の立ち入りを制限した理由は定住者の数を抑制し開拓をさせないためで、ニシンや昆布などの海産物の交易で利益を上げていた松前藩は、和人の北海道への定住が進めば交易を独占できなくなると危惧していたのです。


その後、東北からの多くの方が移住して来て、女だけが暮らす村ではなくなったそうです。



現在の話として、北海道には引退した風俗嬢が多く住む女だけの村が存在するという噂もあります。

自然が色濃く残る北海道で独自のルールを作って、余生をひっそりと過ごしているという話です。






女だけの村の話はアイヌの伝説にも登場し、「女だけの島」の話として伝わっています。



・・・・・・・

荒れる海に漁に出て、偶然男達が迷い込んだのが女だけが生活する島でした。男達は非常に歓迎されて、盛大な宴が催されました。

宴の後、男達は夜を共にする女をあてがわれ、それぞれのパートナーと共に消えて行きました。

事に及ぼうとすると、どうも女のアソコの様子がおかしい。

不審に思って試しに木の棒を女のアソコに入れてみると、いとも簡単に棒が折られてしまったのです。よく見ると、女のアソコには鋭い歯が生えていました。

それに気づいた男は仲間に危険が迫っていることを知らせ、命からがら島を逃げ出しました。

集落に帰って島での話をすると、知恵のある男が島に行くと言い出したのです。食われるから止めておけという忠告を無視して、数人の仲間と共に女だけの島へと船出しました。

聞いた話の通り接待を受けると、男達は一夜を共にする女をあてがわれました。

しかし、女のアソコには鋭い歯が生えているので、性交すると食べられてしまいます。

男には考えがありました。自分の男性器を入れるふりをして石の棒を入れたのです。

すると女のアソコから生える歯は石の硬さに負けて、ボロボロになって抜け落ちたのです。

一緒に来た仲間の男達も同じ方法で女性器から生える歯を落として、無事に一夜を共にすることができました。

それからは次々と島に男達が渡り、今では男女が一緒に暮らす普通の島になったそうです。





より大きな地図で 実は都市伝説マップ を表示

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
いやいや、黒松内の語源がクルマツナイですから。これ嘘ですよ。
北海道の開拓史をちゃんと勉強しましょう。
北海道は松前藩だけじゃ無いです。仙台藩や会津藩も領地がありました。
とおりすがりのおじさん 2012/08/27(Mon)05:26:39 編集
» 無題
実話都市伝説の「話」が「は」になったようですがトップのロゴはまだ実話のままなんですね
NONAME 2012/08/29(Wed)04:41:41 編集
» 無題
そういう奇病は実際にあるらしいが。
NONAME 2013/03/24(Sun)19:25:14 編集
» 無題
以前そこに6年位住んでたけどなんもそんな話一度も聞かなかったな
NONAME 2013/05/04(Sat)23:24:34 編集
オカルト系RSS

都市伝説 ブログランキングへ
問い合わせおよび情報投稿
メールフォーム

情報投稿・相互RSS募集中

Copyright © [ 実は都市伝説 ] All rights reserved.

Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]